大阪府の看護師求人に強い転職サイトは、どこ? ちょっと待って!病院に電話する前に転職サイトに確認を!

大阪市立大学医学部附属病院の転職看護師の年収と評判は?

「大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の年収はいくら?それに、評判もチェックしておきたい!」

 

大阪市立大学医学部附属病院はとても人気がある病院です。

でも、大勢の人から人気があっても、あなたに合うかは分かりませんよね。

 

今回は、大阪市立大学医学部附属病院の看護師の年収・評判を詳しく解説します。

 

何を重視するかで適切な転職先が変わってくるので、この記事を読んであなたが求める条件を満たしているか確認しましょう。

 

大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の年収と評判のまとめ

 

大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の年収例

大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の年収例は20代前半500万円~550万円、20代後半550万円~600万円、30代前半で500万円です。

 

大阪市立大学医学部附属病院に転職する看護師のメリット

 

  • 教育体制が整っているのでスキルを身に付けられる
  • 休日数が多く長期休暇を取りやすい

 

大阪市立大学医学部附属病院に転職する看護師のデメリット

 

  • 残業が多く物凄く忙しい
  • 研修や勉強会で休日が潰れる

 

大阪市立大学医学部附属病院はこんな看護師におすすめ

 

  • 給料が良い病院でキャリアアップしていきたい人
  • いま長期休暇がとれれば出産後に辞めることになっても構わない人

 

大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の年収は?

それでは、大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の年収について詳しく説明します。

 

大阪市立大学医学部附属病院に看護師が転職した時の年収

こちらは経験加算を加えた大卒看護師の手当込みの月給例です。

 

  • 経験5年:基本給275,036円+手当=352,556 円
  • 経験7年:基本給284,316円+手当=361,836 円
  • 経験9年:基本給290,464円+手当=367,984 円

※住居手当、通勤手当(賃貸居住で満額支給、通勤手当月1万円)と夜勤6時間以上×4回の夜勤手当39,520 円込み、残業手当は含みません。

 

実際に大阪市立大学医学部附属病院で働く看護師の年収例を見てみましょう。

 

  • 20代前半:500万円~550万円
  • 20代後半:550万円~600万円
  • 30代前半:500万円

 

20代と同じ働き方を続ければ30代前半には年収600万円以上になると考えられますが、ライフスタイルの変化や管理職になったことで残業や夜勤が減った場合には、年収が500万円台で停滞するのでしょう。

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、大阪府の看護師の平均年収は486万4,700円(37.2歳)です。

大阪府の平均と比べると大阪市立大学医学部附属病院の年収は平均よりも高いと言えます。

 

大阪市立大学医学部附属病院の看護師のボーナス

「1年目でもボーナスが3~4ヶ月分でる」「ボーナスが高いので奨学金を就職2年目で払い終わった」といった口コミから考えると、相場以上のボーナスがもらえると予測できます。

 

大阪市立大学医学部附属病院の新卒看護師の年収・給料

次は大阪市立大学医学部附属病院の新卒看護師の年収を確認しましょう。

 

  • 大学卒看護師:基本給240,236円+諸手当=317,756 円
  • 専門3年卒看護師:基本給231,884円+諸手当=309,404円

※比較するために、住居手当、通勤手当(賃貸居住で満額支給、通勤手当月1万円)と夜勤6時間以上×4回の夜勤手当39,520 円込み、残業手当は含まない額です。実際には夜勤が始まるまではもう少し給料が低いです。

 

大卒5年目看護師の月給と比べると、1年で約8700円ずつ昇給していく計算になります。

 

大阪市立大学医学部附属病院の看護師は病棟によって大きく年収が変わる

大阪市立大学医学部附属病院は「残業代は満額しっかりともらえる」「新人でも申請しないと怒られるほどきっちりしている」との口コミでサービス残業はありません。

 

大学病院なのでかなり忙しく、残業時間が長ければそれだけ年収も高くなります。

部署によって忙しさに差があるので、残業の少ない部署に配属されると予想よりもお給料が少なくなるでしょう。

 

また、夜勤手当は1回1万円程度とそれほど高くはないため、夜勤の回数を増やしても年収が上がりにくいです。

夜勤回数を増やして年収アップを狙っている看護師は夜勤手当が良い病院を探しましょう。

 

「夜勤手当が平均レベルなのでもっと高いとありがたい」との口コミがありますが、「お給料がすごく良い」が大半で、全体的には給料に満足している看護師が多いです。

 

大阪市立大学医学部附属病院は長日勤制度になってから給料が減っている

「長日勤制度になってから給料が減った上に、20時定時なのに終電で帰ることがある」という情報がありました。

 

他にも「長日勤制度になってから心身の負担が増えたから」という退職理由もあり、一部の看護師からは「給料と業務量が見合わない」と言われています。

 

そのため、いま大阪市立大学医学部附属病院に転職すると、長日勤で心身共にハードな勤務なのに給料は以前よりも減っているというマイナス面があることを覚えておきましょう。

 

大阪市立大学医学部附属病院に転職した看護師の働きやすさの評判は?

 

次は、年収以外の働きやすさの評判を見てみましょう。

 

大阪市立大学医学部附属病院の基本情報

所在地 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-5-7
病床数 972床
看護師数 約910名(嘱託含む)
看護体制 7:1看護体制
勤務体制 2交代制
診療科 内科・外科・循環器内科・呼吸器内科・リウマチ科・消化器内科・肝臓・胆嚢・膵臓内科・小児科・精神科・皮膚科・放射線科・消化器外科・心臓血管外科・呼吸器外科・小児外科・脳神経外科・整形外科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・形成外科・神経内科・歯科・口腔外科・感染症内科・リハビリテーション科・病理診断科・救急科
開設 大正14年10月
連絡先 06-6645-2121(代表)

 

大阪市立大学医学部附属病院の業務内容の評判

大阪市立大学医学部附属病院は大阪市内唯一の大学病院なので、がん患者様はもちろん、難しい症例を看護する経験ができ確実にスキルアップできます。

設備に関しては、最新機器や物品が十分に揃っていて清潔で働きやすい環境です。

 

「とにかく激務だから体力勝負」「めちゃくちゃ忙しい」という口コミが目立つ中、数は少ないながら「患者様とゆっくり向き合える」という声もありました。

忙し過ぎない病棟なら満足できる看護ができそうですね。

 

ただ「生活保護者が多い地域なので患者様の質が悪い」という話もあるので、私立のセレブ病院と比べると患者様への対応で苦労するかもしれません。

 

大阪市立大学医学部附属病院の年間休日数や夏休みの評判

大阪市立大学医学部附属病院の休暇に関する勤務条件はこちらです。

 

1週につき1日、4週につき4日の休日及び祝日・年末年始相当数(年間休日126日/2019年度)別途、有給休暇(年間20日)、夏季休暇等

 

口コミを見ても休日に関して良い意見ばかりです。

「週休2日は必ずあるシフトにしてくれる」

「研修に出る日のシフトは日勤にしてもらえる」

「祝日に働くと必ず代休がある」

 

年間休日数が126日と条件が良く、口コミからも恵まれた環境だということが分かります。

夏休み休暇は5日間で「夏休みは2週間連続で休みをもらった」との評判なので。長期休暇がとりたい看護師におすすめです。

 

大阪市立大学医学部附属病院の残業の評判

大学病院の宿命とも言えますが、大阪市立大学医学部附属病院も毎日が激務で定時に帰れることはまずありません。

朝は8時前後の早い時間に出勤して、消灯時間まで残業がある…こんな感じの毎日になるでしょう。

でも、サービス残業はないので、残業が多い病棟だと年収はアップします。

 

また、病棟での勤務以外の残業もあります。

教育委員会や学習会の資料作りなど持ち帰り仕事もしなくてはいけません。

持ち帰り仕事に関しては残業がつかないと思うので、資料作りで休日が潰れるのはデメリットですね。

 

大阪市立大学医学部附属病院の有給休暇や休み希望の評判

大阪市立大学医学部附属病院の休み希望が出せる日にちは月に2~3日程度です。

「休みは希望を出せば絶対に通る」という良い情報があったものの、多くの看護師が不満に思っているのが有休消化率の悪さです。

 

「申請する看護師が少ないせいか有休消化率が悪いと思う」

「年間6~8日しか有休がとれない」

といった声が聞かれました。

 

週休や祝日分の休みを組み合わせれば長期休暇が取れますが、有休まで完璧に使い切るのは難しいですね。

 

大阪市立大学医学部附属病院の勤務時間の評判

大阪市立大学医学部附属病院の勤務時間は二交代制で夜勤は14時間と17時間の2種類です。

 

<勤務時間の例①>

日勤8:30開始 17:00~20:00(シフト制)まで

夜勤18:30~8;45

 

<勤務時間の例②>

日勤8;30開始 17:00まで

夜勤15;45~8:45

 

この2種類になりますが、シフト制と書かれているのはロング日勤です。

短時間夜勤の導入により日勤帯の勤務時間が長くなっていますが、「長時間日勤がキツイ」という口コミが目立ちます。

ロング日勤があることで、シフト制二交代ならではの苦労があるようです。

 

大阪市立大学医学部附属病院の教育制度の評判

大阪市立大学医学部附属病院にはラダー研修があり、研修制度に関しては全く問題ありません。

新卒看護師だけでなく中途採用の看護師もラダー研修を受けられますよ。

 

教育にはかなり力を入れていて、研修だけでなく日々の業務でも先輩からしっかりと指導してもらえます。

その分、研修や勉強会への参加はほぼ強制となるので覚悟しておきましょう。

 

大阪市立大学医学部附属病院のキャリアアップの評判

大阪市立大学医学部附属病院には専門看護師2名、認定看護師が21名、特定看護師1名が在籍しています。

資格取得サポートとして、休職制度、認定看護師教育課程研修受講費用の助成があります。

 

大阪市立大学医学部附属病院の福利厚生の評判

大阪市立大学医学部附属病院の福利厚生はトップクラスの充実度です。

「2万円分のお食事券がもらえて高級ホテルでランチした」などの声が聞かれました。

福利厚生の評判は良い内容ばかりです。

 

大阪市立大学医学部附属病院のママナースの働きやすさの評判

大阪市立大学医学部附属病院はママナースには不向きです。

常勤看護師は基本的に病棟で、子育てが理由での外来勤務はさせてもらえません。

 

時短勤務はできますが、「子供がいるから夜勤ができないと言っても夜勤を強いられた」との情報がありました。

「ここは独身しか働けない病院」と言っている看護師もいて、外来勤務をしたいなら非常勤にならないといけません。

 

大阪市立大学医学部附属病院の職場の雰囲気の評判

大阪市立大学医学部附属病院は上下関係が厳しいという口コミが多いです。

 

「派閥があってそれぞれにお局がいる」

「毎日誰かがいじめられてる。嫌がらせもしょっちゅうある」

「陰口を言う看護師が多いと思った」

など人間関係に関してネガティブな意見が目立ちます。

 

「慢性期の病棟は穏やかだが急性期病棟はピリピリしている」

といった情報もあるので病棟によるのでしょうが、長く働き続ける看護師が少ないのは人間関係が良くないことも関係しているのでしょう。

 

ひとつ朗報なのは、「私立病院と違い外部の看護大学卒でも平等に扱ってくれる」という口コミです。

人間関係が良くても、グループができていて外部出身者が集団いじめにあう病院には転職したくないですよね。

そういった意味では私立の大学病院よりも、公立の大阪市立大学医学部附属病院のほうが転職しやすいと言えます。

 

大阪市立大学医学部附属病院の看護師に転職したい!求人に応募するにはどうしたらいい?

大阪市立大学医学部附属病院に転職したい場合は、看護師転職サイトに登録しましょう。

 

看護師転職サイトを使うメリットは、大阪市立大学医学部附属病院のような「ここで働きたい!」と思える転職先が簡単に見つかること。

コンサルタントが色々な病院を比較して、あなたの希望にマッチした転職先を探してくれるからです。

 

大阪市立大学医学部附属病院よりももっと条件の良い病院が見つかるかもしれませんよ。

 

たくさんの病院を比較して「ここに転職したのは正解だった!」と思える病院を見つけてくださいね。

大阪府の看護師 求人に強い転職サイト

看護師転職サイトを利用するメリット

  • 人気ランキングの病院に現在求人募集が出ているかを確認、アドバイスしてもらえる
  • 誰でも閲覧できる公開求人だけでなく、条件の良いレアな非公開求人も多数持っている
  • ランキング掲載病院の他にも、好条件で働きやすい病院をたくさん紹介してくれる
  • 看護roo!

    看護roo!

    大阪府内の求人なら、看護roo!が強いです。看護roo!なら、なかなか表に出てこない好条件の求人が見つかるかもしれません!まずは登録してあなたの希望する病院と条件を転職コンサルタントに伝えましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    都市部の求人に強いマイナビ看護師ですので、大阪府内の求人を探す際には外せません。看護roo!と併用して、取りこぼしのないスマートな求人探しをしましょう!

このページのトップへ戻る